設備TOP

| SITEMAP |


施工管理の実務ポイント

第8回目:工場検査[盤類]

工場検査での試験値の基準について

客先基準、JIS・JEM等の基準、メーカー社内基準の位置づけについて話をいたします。

測定試験結果の良否判定には、必ず基準値・管理値が必要です。

一般的にはJIS・JEM等の基準規格値で判定します。

客先基準、メーカー社内基準は上記基準規格値を上回る上乗せする基準として、優先します。

・ 客先基準は、発注者の要望として最優先されます。
・ メーカー社内基準は、単独では、なんら意味を持ちません。
  JIS・JEMの基準規格値と併記することで、メーカーの品質基準が読み取れます。
  一方で、JIS・JEM等に基準規格値が明記されていない値は、管理値が明確になります。

盤メーカーの試験成績表には、管理する基準値が明記されていないケースをよく見かけます。

電気設備施工者からの指摘・指導が望まれます。

ついつい、「メーカーの試験成績表」を右から左へ橋渡しすることのないよう気を付けたいものです。

監理者チーム

メニュに戻る


Copyright